【アンリアルライフ】評価・レビュー 大切なものを見つけに旅に出よう

今回はNintendo SwitchとPC向けに発売されたゲームソフト「アンリアルライフ」にレビューしていきます。

この作品は 個人ゲーム開発者のhako 生活 さんが手掛けた謎解きアドベンチャーゲームです。

私自身、公式サイトなどの前情報から気になっていた作品だったので、期待しながら実際にプレイしてみたら想像以上に良かったです…。ゲームをプレイしてきた一つ一つの思い出が心に残る、素敵な体験をさせてくれる作品でした。

なんだかゲームというよりは作品といったほうがしっくりくるような感覚になりますね。

本作はゲーム全体がピクセルアート(ドット絵)で表現されており、プレイしてすぐにその美しい世界観に一気に魅了されます。

物語は主人公の「ハル」とパートナーのしゃべる信号機「195」と共に記憶を探すため、不思議な夜の町へと旅に出ます。ゆく先々に個性的な登場人物との出会い、立ちはだかる謎を解き進めながらゲームは進行していきます。

ハルの能力サイコメトリーを使ったゲームシステム

先ほどゲームというよりは作品と言いたくなるとは言いましたがもちろんゲームも良質なものになっています。

主人公の少女「ハル」は触れたものの記憶を見ることができる「サイコメトリー」能力に目覚めます。ゲームではこの能力を使い、過去と現実の記憶を比べ、ものの記憶たどりながら謎を解き進めていく内容になっています。

それも隠されたアイテムや新たな道を見つけたり、「モノ」の持ち主を探したりと多種多様な仕掛けがあります。

難易度に関しても程よいバランスで、一見難しいと悩む謎でもくまなく探れば必ずヒントが用意されています。頭を使うゲームなどが苦手な私でも何時間も詰まるといったこともなく楽しめました。

引き込まれる不思議な世界観

アンリアルライフの魅力には何と言っても美しいピクセルアートで表現された不思議な世界にあります。

まずゲームを始めて最初に出会うしゃべる信号機の「195」。いきなり登場人物(?)が信号機というのも個性的ですよね。他にもマリモのシェフや車掌のペンギン、四角い頭のホテルオーナーなど個性的でみんな魅力的です。

また、空や海などの景色もドットで描かれており、これがとにかく綺麗でずっと見ていられるほどです。ゲームがドットの頃から触れてきた私としては超美麗なCGとはまた違った心地よさというか…感動しちゃいます。

そして、先が気になるストーリーも相まってさらに引き込まれてしまいました。

ストーリーははじめ突然記憶を失った「ハル」「195」と一緒に自分の記憶を探すため不思議な夜の街へと旅に出ます。そこはアパートのドアを開けた先にある海のみえるホテルがありました。はたまたお魚たちが利用する電車の駅。

不思議な夜の街で記憶を探るなか時折思い出す「センセイ」の記憶。謎だらけの世界で旅を続けていくなかで「ハル」は少しずつ思い出していきます。

なぜ横断歩道の前で目覚めたのか。この世界はなんなのか。記憶の「センセイ」とは一体だれなのか…。

その真実を知ったさきには心揺さぶられながらも、あたたかい物語が待っていました。

ちなみにゲームクリアまでの時間はさほど長くなく、私は6~7時間ほどでクリア出来ました

物足りないのでは?と思うかもしれませんが素敵な物語を”体験”できたと感じて私はかなり満足できました。

謎解き苦手・プレイに間が空いても大丈夫な親切設計

ストーリー仕立てのゲームって途中まで遊んで久しぶりに続きしようかなぁと思ってはじめたら話の内容忘れた…何してんだっけ、となることありませんか?

私はよくあるんです。目的が分からずぐるぐると無駄な探索をしていまったり…。

アンリアルライフでは過去の会話や、今まで見てきたものの記憶も後から思い出すことができます。

またゲームを進めていく中で起きた出来事や次の目的が「わたし(ハル)の考え」として頻繁に見ることができます。ストーリーをハルの視点から覗くことでストーリーの面白味が深まることはもちろんですが、ストーリーの復習にもなったり謎解きのヒントが書かれてたりで個人的に嬉しい機能でした。

これらのシステムをストーリーに組み込まれたシーンもあったり…。

少しずつゲームを進めていきたい人も安心してプレイ出来ると思いますよ。

ちょっと気になったポイント

探索や謎解きで移動することになるのですが、通常の移動よりはやく走るみたいなものはありません。

街の要所にはマップ間を移動するワープポイントはしっかり設置されていますが、謎解き要素で同じ場所を往復するといったこともあり「もっと早く歩きたいな…」とたまに思っちゃいました。

これは雰囲気重視で意図的にしていると言われても納得できるレベルで、正直大したストレスではないのですが、個人的な意見として捉えておいてください。

まとめ

自分で本作を振り返りながら色々と話してきましたが、このゲームがほとんどを一人で作られていることに改めて驚きました…。

私はこういったアドベンチャーゲームのプレイ経験はあんまりない方ですが本作は素直に楽しめましたし、思い出に残るいいゲームだったなぁと感傷に浸ってしまいました。

こんな人にオススメ!
  • 手軽にアドベンチャーゲームを味わいたい人
  • 不思議な世界観が好きな人
  • 綺麗なピクセルアートが好きな人

落ち着いた夜にしっぽりとプレイするとよりアンリアルライフの世界は浸れてオススメですよ。

ぜひハルと195と一緒に不思議な夜の街でのお話を楽しんでみてください。

アンリアルライフ公式ホームページ


アンリアルライフ 01 ビジュアルデザイン アクリルアートボード[A5サイズ]

アンリアルライフ 01 モチーフデザイン デカキャラミラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA